読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会について自分なりの考察

私の母は20代前半に創価学会からの勧誘を断っていました。自分が被害者になった時気づいた事がいくつもあります。

小学校の頃SSにいじめられていました。中学に入ってTYから優しくおちょくられたのが切っ掛けで軽い友達になる。中学2年の頃TYのおばあちゃんの家で遊んで帰りぎはに文脈の前後がなくいきなりうちのばあーちゃん創価学会員なんだよ。と言ってきた。この地点んでは私は創価学会の事は全く知らなかった。何を言っているんだろうと思った。

 

高校2年くらいに親水公園のベンチで考えにふけていたらSSがたまたま通りかかって友達になる。

 

互いにスヌーザーを読んでいた。ssは文脈の前後がなくいきなりすべて偶然なんだよな。とか言っていた。

 

職場でも後から考えてみるとHT、Tなどと出会いましたがHTは自分が北朝鮮工作員と間違えられるなど言っていた。

 

後からわかった伏線とマインドコントロールだった。ただこれも自分の意志が無いために起こった原因なのもわかってしまった。

 

池田大作創価学会への強固な敵対者に対しては将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある子息子女の不幸により折れる可能性も高い。子息子女へは創価学会へ反発しないように躾ける敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある。会員の子息子女の敵であってはならない。と言っている。

 

私は正にこれにあたる。石川聡というものです。

 

創価学会はCIAの用にスパイ養成のようなことをしています。私は生まれてから狙われていたのでしょう。

 

私は基本客観的に見た場合自分の常識が他人の非常識でyoutubeの書き込みで少々ノリでアホな書き込みをしたり、とある商店街でアホな確信的妄想で一部の人に迷惑をかけたこともあります。

 

2014年に某商店街でアムールというアパレルショップをやっていました。商店街の組合費を回収しにきた不遜な態度でここで見せやるなら金払わないとダメだよ?と偉い大きい態度で言われて少し腹がたったのを覚えている。毎月お金を回収しにくる太ったおばさんがに払わなかったりしたことがあった。など色々あったムーブオンアップ(MOU)というオリジナルブランドを作りました。猫好きの親しいお客さんにも出会いました。バイトの募集の面接などもやりました。H君はチェホンマンに似ているしとT君は優秀な早稲田大学のエリート(後に工作員と認識する)話すと爆笑していた。IYさんが中国の洋服をみてこれは?と聞かれ何故かノリでそれは韓国のT君辺りは嫌ってるかも?(妄想)と言ったときIYさんの表情が少しすしかめっつらになったのが印象的だった。

上記の中でどれが集ストのはじまりになったがわからないがどれかである。

 

2016年3月12日に起こった集団ストーカー&エレクトリックハラスメント、盗聴、本人にしかわからないようにする巧妙な手口を使った「キーワード」(ほのめかし)被害を受けました。ちなみに足立区で育ちました。集スト認識後、舎人にMOUという猫のマークの事務所がありました。これは創価学会系の関係者が作ったものと思われます。つまりアムールのお店で何らかの盗聴を行っていた可能性と監視がすでに合った証拠にはならないが何かある。

 

1.マイクロ波によるテレパシー送信(頭の中にメッセージが届く統合失調症)防ぎ方四方が鉄の部屋に入る。鉄帽(てつぼう)など被る耳を塞ぐように120%

2.周波数帯の悪用(鬱、パニック症候群、音声送信)防ぎ方不明

3.メーザーかレーザーを使った電撃を飛ばす方法など(目で確認済み)防ぎ方アルミ

4.電磁波(周波数帯)による頭部、首、肩甲骨の違和感(痺れ、痛み)防ぎ方アルミ120%

5.睡眠中いきなり息が吸えなくなる。防ぎ方がまんするしかないです。

6.周波数帯の悪用(違法無線)による身体の1部分に熱を浴びせる(アルミで防ぐと少し音がする威力が強い場合は揺れる)

7.唾が飲み込み辛くなる(周波数帯の悪用X線などマイクロシーベルトを測る測定器で高い数値がでます。防げない 可能性として鉄